JITCO SEMINAR

技能実習制度に関するセミナーを開催しています
ご参加をお待ちしております

養成講習

セミナー概要

1.技能実習法に基づく養成講習とは
 技能実習法(2017年11月1日施行)では、①監理団体において監理事業を行う事業所ごとに選任することとなっている『監理責任者』、②監理団体が監理事業を適切に運営するために設置することとなっている『指定外部役員』又は『外部監査人』、③実習実施者において技能実習を行わせる事業所ごとに選任することとなっている『技能実習責任者』について、いずれも3年ごとに、主務大臣が適当と認めて告示した講習機関(以下「養成講習機関」)によって実施される講習(以下「養成講習」)を受講しなければならないと定められています。(一定の経過措置期間あり。)
 また、監理団体の『監理責任者以外の監査を担当する職員』や、実習実施者における『技能実習指導員』及び『生活指導員』については、養成講習の受講は義務ではありませんが、これらの者に対し3年ごとに養成講習を受講させることが、優良な監理団体又は優良な実習実施者と判断する要件の1つとなっており、受講が推奨されています。

2.養成講習の種類、講義内容等
 養成講習の種類は、受講対象者別に、①監理責任者等講習、②技能実習責任者講習、 ③技能実習指導員講習、④生活指導員講習の4種類に区分されます。
 養成講習の種類ごとの講習時間、講義項目等は下表のとおりです。


https://gyazo.com/ac7b5ed8d6e94a5a9b958af2c42fad01

3.理解度テスト及び受講証明書について
 いずれの養成講習においても講習の最後に20分程度の「理解度テスト」が実施されます。100点満点中80点以上で合格となり、合格者には「受講証明書」が交付されます(※1)。
※1 2019 年3月末までは試行実施期間の扱いとなっており、仮に理解度テストに不合格であっても受講証明書は交付されます。(2019年4月以降は理解度テストに不合格となると当日補講と再テストを実施し、再テストの結果、不合格となると、受講証明書は交付されない予定です。)

4.養成講習機関について
 養成講習機関については、要件を満たす民間の講習実施機関を主務大臣が告示することとなっており、JITCOは養成講習機関の一つとして告示を受けています。
(告示に関する厚労省HPはこちら

◇JITCOが実施する養成講習へのお申込み

監理団体向け

①監理責任者等講習

日程・お申込みはこちら

実習実施者向け

②技能実習責任者講習

日程・お申込みはこちら

③技能実習指導員講習

日程・お申込みはこちら

④生活指導員講習

日程・お申込みはこちら