JITCOセミナー

  • 講習のお申込みはJITCOのホームページからのみ受け付けております。
    電話やFAXでのお申込は受け付けておりませんので、ご了承ください。

養成講習

養成講習日程

養成講習お申込み

※講習ごとのお申込みボタンは日程書に記載されている募集開始日時直前に表示されます。

実習実施者向け

  • 技能実習責任者講習
    • <対象>

      実習実施者の技能実習責任者(法的受講義務あり)

    申込み

  • 技能実習指導員講習
    • <対象>

      実習実施者の技能実習指導員(法的受講義務なし、優良要件加点あり)

    申込み

  • 生活指導員講習
    • <対象>

      実習実施者の生活指導員(法的受講義務なし、優良要件加点あり)

    申込み

監理団体向け

  • 監理責任者等講習
    • <対象>

      監理団体の監理責任者、指定外部役員・外部監査人(法的受講義務あり)
      監理団体の監理責任者以外の監査を担当する職員(法的受講義務なし、優良要件加算あり)

    申込み

養成講習お申込みに当たっての注意事項
(受講ご希望の方は、事前に必ずご確認ください。)
  • (1)お振込後の返金・他講習への振り替えには応じられません。
    受講料お振込後のキャンセルの場合、受講料の返金はいたしかねます。また、他の日程の養成講習への受講料の振替もいたしかねますので、ご了承の上お申込み願います。
  • (2)受講者の変更、キャンセルの方法
    受講お申込み後の受講者変更は開催日の10営業日前まで、キャンセルは募集締切日までに所定の方法(web上)でお手続きください。(受講者変更については、受講証明書の準備などの関係で、10営業日前以降の変更には対応ができません。また、受講料お振込み後のキャンセルについては(1)の通りとなりますので併せてご留意ください。)
  • (3)本人確認
    養成講習の受講には、主務省庁からの指導により受講者の本人確認が必要となります。このため、受講受付時に「顔写真付の公的証明書(①運転免許証、または②旅券パスポート)」を確認させていただきますので、必ずご持参を願います。なお、顔写真付の公的証明書をお持ちでない場合は、①顔写真付社員証明書等の身分証明書に加えて、②国民健康保険証等の公的証明書を必ず持参するようお願いいたします。(マイナンバーカードは2019年度から使用できます。)仮に受講当日に上記の証明書類を持参頂けない場合は本人確認ができませんので、受講をお断りしたり、受講証明書をお渡しできなくなりますのでご留意を願います。また、お申込み画面で氏名の漢字を誤って入力した場合で、証明書類記載の正しい漢字氏名による発行を希望される場合、受講証明書のお渡しは後日となります。
  • (4)理解度テスト
    すべての養成講習の最後に「理解度テスト」が実施されます。2018年度までは養成講習受講に係る経過措置期間との位置付けから、点数に関わらず、受講証明書が交付されてきましたが、2019年4月1日からは以下のとおり講習ごとに合格点が設けられる取扱いに変更されております。
    • ① 監理責任者等講習      80点
    • ② 技能実習責任者講習   70点
    • ③ 技能実習指導員講習   70点
    • ④ 生活指導員講習         70点

    合格点に満たない場合、受講証明書は交付されず、別の日に改めて再受講の上、合格点以上を取得する必要があります。
  • (5)注意事項
    法定講習のため、講義開始(終了)時間に(以前に)遅刻(早退)した場合、受講態度が良好でない場合、試験中不正を行った場合は、受講証明書は交付しません。
    また、受講証明書交付後に不正が発覚した場合は、当該不正を行った者の受講を無効とし、当該者から受講証明書を回収します。予めご了承下さい。

    【受講態度不良の例】
    ・遅刻又は離席があった場合
    (交通渋滞、駐車場が満車で駐車できない等は遅刻を正当化する理由にはなりません。)

    ・受講中に携帯電話の操作や居眠りをした場合
    (注意喚起を行ったにも関わらず、これを繰り返し行う場合)
    ・他の受講者に対する迷惑行為を行った場合
    ・暴力行為や器物破損等、講習に対する妨害行為を行った場合
    ・その他の受講態度不良が認められた場合

    【試験中不正の例】
    ・養成講習機関の指示に従わなかった場合
    ・試験中に離席した場合(体調不良等やむを得ない場合を除く。)
    ・試験中に助言を与えた者又は受けた場合
    ・カンニング行為を行った場合
    ・試験問題等を複写した場合
    ・試験問題、答案用紙を持ち出した場合
    ・本人の代わりに試験を受けた者又は受けさせた場合
    ・他の受験者に対する迷惑行為を行った場合
    ・暴力行為や器物破損等、試験に対する妨害行為を行った場合
    ・その他の不正行為を行った場合

  • (6)

    お申込みの流れ

    • 受講お申込
    • 【お申込直後】受付メール発信
      ※お申込後、受付メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認ください。
    • 【開催3週間前】受講料お振込依頼メールを発信
    • 【開催2週間前】指定口座への受講料お振込
    • 【開催1週間前】「参加証のダウンロードのご案内」を発信

    当日は、⑤のメールからダウンロード印刷した参加証と上記(3)の本人確認書類、筆記用具をご持参いただきます。

受講証明書再交付

養成講習受講証明書再交付申請の流れ

1.申請の流れ
  • 手順1

    「養成講習 受講証明書再交付申請」フォームに必要事項を入力して再交付を申請
    • 必須項目は全て入力して下さい。
    • 「運転免許証(両面)」のコピーをアップロードしてください。

      • 運転免許証をお持ちでない場合は、マイナンバーカード、在留カードでも可(両面)
      • 本人確認書類のアップロードができない場合はコピーの郵送も可
        (郵送の場合、郵送代のご負担と、郵送日数分だけ再交付に時間を要します。)
  • 手順2

    ご指定のメールアドレスに申請受付メールが届きます。
  • 手順3

    当機構にて、ご受講時のデータと送信データの確認
    • 本人確認書類郵送の場合、到着後から確認作業に入ります。(郵送日数分だけ再交付に時間を要します。)
  • 手順4

    再交付手数料のお振込ご依頼メールが届きます。
  • 手順5

    再交付手数料のお振込み
    • 1通当たり1,000円(消費税込)の再交付手数料を申し受けます。

      • 必ずメールに記載された指定の口座にお振込願います。(異なる口座に振り込まれますと確認に時間を要し、再交付が遅れます。)
  • 手順6

    当機構にて入金を確認後、受講証明書をレターパックで郵送
    • 郵送先は本人確認書類記載のご自宅住所となります。
2.再交付までの期間(目安)

10営業日程度(最短)

  • 送信データの不備、本人確認書類の郵送、お振込時期等により、再交付に時間を要します。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
3.再交付手数料

再交付手数料は、受講証明書1通当たり1,000円(消費税込)となります。

4.注意事項
  • 複数の受講証明書の再交付を申請する場合は、お手数ですが、1件ごとに申請フォームにご入力願います。
  • 再交付手数料をまとめてお振込ご希望の場合は、該当する全ての申請フォームの「連絡事項」欄にその旨ご記入願います。
  • 受講証明書の郵送先は、本人確認書類記載のご自宅住所となります。それ以外の住所への郵送は承っておりません。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
養成講習に関するお問合せ先
講習業務部 
養成講習課
電話:
03-4306-1156

電話をかける

賛助会員入会のおすすめ
賛助会員の皆様には他にも多数の行き届いたサポートをさせていただきます。ぜひご入会ください。

入会特典詳細、入会方法の詳細はこちら

PAGETOP