ホーム > 送出し国情報 > 送出し国政府とJITCOとの定期協議
HOME.技能実習制度・「研修」.事業紹介.広報・啓発活動.JITCOについて

送出し国政府とJITCOとの定期協議

送出し国政府窓口とJITCOの協定

送出し国政府窓口とJITCOは、本制度が健全に発展するために相互に協力することを文書で確認しています。その文書は討議議事録(R/D:Record of Discussions)と呼ばれ、技能実習制度発足に伴いR/Dを補完するために取り交わした文書は補足R/Dと呼ばれています。これまでにR/Dを取り交わしている送出し国政府窓口は下記表のとおりです。

送出し国政府窓口による認定と指導

送出し国政府窓口は、技能実習生の送出しを指導監督する立場から、技能実習生送出し事業を行う機関の適格性をチェックすることになっています。同政府機関が適格であると認めた機関については、JITCOに連絡することとなっています。JITCOはこれらの機関を「認定送出し機関」と呼称し、機関名をホームページで公表しています(認定送出し機関についてはこちらをご覧ください。また認定送出し機関に関する情報提供を希望される方はこちらの申込書(PDF)にご記入の上、お申込みください)。
【送出し国政府口とJITCOの基本的枠組み】
送出し国政府窓口とJITCOの関係図

送出し国政府窓口とJITCOとの定期協議

JITCOは、送出し国政府窓口とのR/Dに基づき、送出し国側と日本側双方の情報交換を行うとともに、本制度の実施・運営に係わる懸案事項や課題に係る意見交換を行い、相互に協力して解決を図るため、定期的に協議を実施しています。下記表の各国名をクリックするとこれまでの定期協議議事録がご覧いただけます。

定期協議議事録一覧はこちら

送出し国政府窓口一覧

国名 機関名 R/D
調印日
中国 国家外国専家局(専家局) 10.4.26
中日研修生協力機構(中日) 10.3.31
インドネシア 労働移住省(MOM&T) 訓練・生産性開発総局 10.3.8
ベトナム 労働・傷病兵・社会省(MOLISA)海外労働局(DOLAB) 10.3.4
フィリピン 労働雇用省 海外雇用庁(POEA)/ 海外労働福祉庁(OWWA) 11.6.2
タイ 労働省 雇用局(DOE) 10.3.16
ペルー 労働・雇用促進省 (MTPE) 10.4.21
ラオス 労働社会福祉省(MLSW) 10.7.19
スリランカ 外務省海外雇用庁(SLBFE) 10.5.6
インド 労働雇用省(MOLE) 雇用訓練局(DGE&T) 96.9.18
(注3)
ミャンマー 労働・雇用・社会保障省 労働局(DOL) 13.5.20
モンゴル 労働省(MOL)
雇用政策推進調整局
10.7.1
ウズベキスタン 労働・人口社会保障省(MLSP) 12.5.28
カンボジア 労働・職業訓練省(MLVT)
10.7.25
ネパール 労働・運輸管理省(MOLTM) 10.2.2
バングラデシュ 海外居住者福利厚生・海外雇用省(MEWOE) 10.3.21

(注1) 2014年7月現在。認定送出し機関は873機関。
(注2) ペルーについては、2010年4月の協議で、MTPEより認定送出し機関の新規選定を行っているとの説明があり、送出し機関数は確認中である。
(注3) 2009年7月の入管法改正に伴った改訂については協議中である。

■より詳細なお問い合わせはこちら