ホーム > 送出し国情報 > 「認定送出し機関」について
HOME.技能実習制度・「研修」.事業紹介.広報・啓発活動.JITCOについて

「認定送出し機関」について

JITCOと「討議議事録(R/D)」ならびに「補足討議議事録(補足R/D)」を締結している送出し国政府窓口は、各国の基準に従って、一定の要件を充足し日本に技能実習生を派遣するにふさわしいと認定した機関について、監督・指導する役目を負っています。JITCOではこれらの機関を「認定送出し機関」と呼称し、送出し国政府窓口からの連絡に基づき、下記のとおり送出し国別に機関名をホームページに公表しています。JITCOが認定している訳ではありませんのでご留意下さい。

送出し機関の中には、送出し国政府窓口の認定を受けずに技能実習生の送出しを行っている機関もありますが、非認定の送出し機関から受け入れていると、 1.技能実習制度に関する最新情報が送出し機関にタイムリーに伝わらない 2.送出しに関する問題が発生したときに、送出し国政府窓口(含む在京大使館)を通じた適切な指導が受けられないこともあり、問題解決に時間を要する 3.職業紹介事業の許可・届出申請時に提携先送出し機関として認められない可能性がある 等の問題が生じるおそれがありますので、受入れ機関の皆様におかれましては、出来るだけ認定送出し機関からの技能実習生受入れを検討されますようご留意下さい。

送出し国政府窓口・認定送出し機関数一覧(2014年10月1日現在計902機関)

国名 機関名 認定送出し機関数
中国 国家外国専家局(専家局) 8
中日研修生協力機構(中日) 257
インドネシア 労働移住省(MOM&T) 訓練・生産性開発総局 88
ベトナム 労働・傷病兵・社会省 海外労働局(DOLAB) 148
フィリピン 労働・雇用省 海外雇用庁(POEA)/海外労働福祉庁(OWWA) 66
タイ 労働省 雇用局(DOE) 30
ペルー 労働・雇用促進省 (MTPE) 確認中
ラオス 労働社会福祉省(MLSW) 5
スリランカ 外務省 海外雇用庁(SLBFE) 16
インド 労働雇用省(MOLE) 雇用訓練局(DGE&T) 6
ミャンマー 労働・雇用・社会保障省 労働局(DOL) 137
モンゴル 労働省(MOL) 雇用政策推進調整局 16
ウズベキスタン 労働・人口社会保障省(MLSP) 1
カンボジア 労働・職業訓練省(MLVT)
32
ネパール 労働・雇用省(MOLE) 76
バングラデシュ 海外居住者福利厚生・海外雇用省(MoEWOE) 16

(注) ペルーについては、2010年4月の協議で、MTPEより認定送出し機関の新規選定を行っているとの説明があり、送出し機関数は確認中である。
認定送出し機関に関する情報提供を希望される方は、下記申込書をダウンロードの上、FAXにてお申し込み下さいますようご案内申し上げます。

「認定送出し機関情報提供申込書」(PDF)

<申込み時の留意事項>

  1. お申込みいただいてから情報提供まで約一週間かかりますのでご注意ください。
  2. 現在技能実習生・研修生の受入れ中または受入れ予定の監理団体のみに情報提供いたします。実習実施機関の方は、監理団体経由でご依頼ください。
  3. 当該国の事情や国内関係当局との方針等によりご希望に添った情報を提供できない場合もございますのでご了承ください。