ホーム > 事業紹介 > 日本語教育、法的保護情報
HOME.技能実習制度・「研修」.事業紹介.広報・啓発活動.JITCOについて

日本語教育支援・法的保護情報「専門講師派遣」

日本語教育支援

 外国人技能実習事業において、技能実習生が我が国で安全かつ健康な生活を送り、産業上の技能・技術・知識を確実に修得するためには、日本語を習得することが極めて重要です。JITCOでは、以下の日本語教育支援を行っておりますので、ぜひご活用ください。

  • 日本語指導担当者実践セミナー
     監理団体、実習実施機関の日本語指導担当者、その他関係者のみなさまを対象にした、「講習」における日本語指導法等について、実践的に学ぶセミナーです。
  • 日本語指導トピック別実践セミナー
     「トピック別実践セミナー」とは、出席者が主体的に参加しながら学ぶ体験型の講座です。実習実施機関での日本語指導はもちろん、監理団体が行う講習の日本語指導にも役立つ内容で、日本語指導のレパートリーが広がります。各回3時間のコースです。
  • 日本語指導オンデマンド
     技能実習生の日本語指導に関する出張講座です。JITCOの日本語教育専門スタッフが、ご希望の日程でご希望の会場にお伺いします。
  • JITCO日本語教材ひろば
     技能実習生に日本語を教える方々を対象に、日本語教材・素材及び日本語指導に関する情報等を掲載したサイトです。教材類は、すべて無料でダウンロードしてご利用いただけます。
  • 日本語作文コンクール
     技能実習生・研修生の日本語能力向上を支援するため、毎年技能実習生・研修生からの日本語作文を募集、優秀作品の表彰を行っています。また、優秀作品集を作成し、配布しています。
  • 日本語指導に関する相談
     日本語指導アドバイザーが、日本語教育や実習現場でのコミュニケーションに関するさまざまな相談に応じています。
  • 教材・出版物
     技能実習が適正に実施され、監理団体・実習実施機関と技能実習生・研修生の相互理解を深めるとともに、技能実習の成果を向上させるために、JITCOでは各種テキスト・教材等を開発・監修しています。
  • 調査報告
    • 「外国人研修生・技能実習生の日本語調査」(2009年度)
      外国人研修生・技能実習生の日本語の使用状況等について、どのような場面でどのような日本語を使っているか、またどのようなことに困難を感じているか等について調査しました。
    • 日本語教育実態調査(2006年度)
      外国人研修生の日本語教育を巡る実態を把握し、JITCOの今後の業務に役立てるための基礎資料を得ることを目的に、第一次受入れ機関と第二次受入れ機関を対象に外国人研修生日本語教育の実態調査や派遣前日本語教育の実態調査を実施しました。

お問い合わせ先 能力開発部援助課 TEL:03-4306-1183

法的保護情報「専門講師派遣」

 入管法の改正に伴い、2010年7月1日以降に技能実習生を受け入れる監理団体は、講習期間中に専門的知識を有する外部講師による「技能実習生の法的保護に必要な情報」に係る講義を行うことが義務づけられました。
 JITCOは、入管法令、労働関係法令、不正行為への対応等に精通した専門講師の派遣や多言語教材の作成等を通じて、講習の適正な実施を支援していますので、ぜひご活用ください。

  • JITCO専門講師派遣

    < 担当部署:出入国部講習支援課 連絡先 TEL 03-4306-1138 >
    JITCOより入管法令・労働関係法令それぞれに精通する講師を派遣します。
    講師料と教材費(受講者数分)は監理団体負担となります。ただし、講師派遣に伴う交通費はJITCOが負担します。