外国人技能実習制度とは

定期協議等一覧

2019年12月

インド政府窓口との協議の実施等

 2019年12月9日、デリーにおいて、技能実習の政府窓口であるインド全国技能開発公社(NSDC)と協議を行いました。現在、同社の協力を得てJITCOで企画している一般向け「インド視察プログラム」(デリーでのセミナー及びビジネスマッチングを含む。)に関する打合せのほか、技能実習生の送出しに関してインド側が注目している事項等について意見交換を行いました。特に多くの送出機関が懸念している候補者の事前教育費用の捻出・貸付けについては、インド国営企業であるオイル・インディアや地方州政府の支援を得る等の工夫がなされている旨の紹介がありました。
 その後、「インド視察プログラム」の候補地視察として、デリー・ベンガルール・コルカタ・カーンプルにて送出機関6社を訪問し、各機関の技能実習生送出しに向けた準備状況(候補者募集・日本語及び技能教育の状況、施設の整備状況等)を確認しました。加えて、文化的に日本と親和性があると言われている北東地域のインパールでは、マニプール州政府との協議及び介護職種の有力な募集先となる看護学校を視察しました。候補地視察の詳細については別途ご案内する予定です。
JITCOではこれらの視察結果を検討し、インドからの技能実習生の受入れにご関心のある方向けの「インド視察プログラム」を企画しています。詳細は決定次第ご案内いたします。

  • NSDCのTITP(技能実習)担当者チーム

◆インド視察プログラム(告知)については、こちらのリンク先にてご覧いただけます。

◇参考リンク:NSDC技能実習ホームページ

本件に関する問合わせ先

国際部 国際第二課TEL 03-4306-1151
賛助会員入会のおすすめ
賛助会員の皆様には他にも多数の行き届いたサポートをさせていただきます。ぜひご入会ください。

入会特典詳細、入会方法の詳細はこちら

PAGETOP