1. トップ
  2. 外国人技能実習制度とは
  3. 送出し国・送出機関とは
  4. 定期協議等一覧
  5. バングラデシュ政府窓口との協議等に関する報告

外国人技能実習制度とは

定期協議等一覧

2014年07月

バングラデシュ政府窓口との協議等に関する報告

 バングラデシュの政府窓口である海外居住者福利厚生・海外雇用省(MoEWOE)のフセイン事務次官一行が来日し、7月18日にJITCOにおいて、鈴木理事長を表敬訪問するとともに、同国からの送出しに関する協議を行いました。
 表敬訪問では、鈴木理事長は、5月の同国ハシナ首相来日時に安倍総理との会談で立ち上げが決まった両国間の「包括的パートナーシップ」を機に、人的交流の一環として、技能実習生送出しの活性化も期待したいと述べました。また、そのためには、送出し機関の技能実習制度への理解促進を始めとする、送出し体制の整備が重要であると強調しました。一方、フセイン事務次官は、JITCOとR/Dを締結して10年を迎えるにあたり、協力関係を強化していきたいと述べました。
 協議においては、JITCOより現在の同国の送出し体制・手続きが煩雑である点を指摘し、改善を要請しました。これを受けてMoEWOEは、改善の意向を示すとともに、220万人の海外派遣候補者が登録されているデータベースを活用して、技能実習生の送出しを推進していきたいと述べました。

  • 鈴木理事長(右)を表敬するフセイン事務次官
  • 右から、ナハル人材・雇用・訓練局長、フセイン事務次官、ザファル バングラデシュ外務省東アジア大洋州局長、カルマカル在日バングラデシュ大使館一等書記官
賛助会員入会のおすすめ
賛助会員の皆様には他にも多数の行き届いたサポートをさせていただきます。ぜひご入会ください。

入会特典詳細、入会方法の詳細はこちら

PAGETOP