ホーム > 実習先変更支援事業
HOME.技能実習制度・「研修」.事業紹介.広報・啓発活動.JITCOについて

実習先変更支援事業

実習先変更支援について

実習実施機関の倒産や不正行為等により技能実習を継続することが困難となった場合で、技能実習生が技能実習の継続を希望するときには、監理団体は新たな技能実習先を確保するよう努めることと法務省令に明記されています。
JITCOでは、移籍先が確保できない監理団体に対して、受入れ可能な実習実施機関を傘下に持つ他の監理団体について情報提供等を行うことにより、技能実習の継続が可能となるよう支援をしております。

技能実習生の移籍先を探している場合

JITCOでは技能実習の継続が困難になった技能実習生の受入れをご検討いただける「受入れ候補機関」の情報を公開しています。以下の<技能実習生の移籍先を探す>から「受入れ候補機関リスト」をご覧いただき、JITCOによる支援(より具体的な情報の提供等)を希望される場合は「実習先変更支援申出書」にてお申込みください。

技能実習生の移籍先を探している
「受入れ候補機関リスト」、「実習先変更支援申出書」はこちら

技能実習の継続を希望している技能実習生を受け入れることができる場合

技能実習の継続を希望している技能実習生を受入れたい・受入れが可能であるという監理団体の皆さまは、以下の<受入れ候補機関として登録する>からお申込みをお願いいたします。お申込みいただいた情報の一部を、「受入れ候補機関リスト」に掲載し、移籍希望者と条件が合致する場合に、JITCOよりご連絡させていただきます。

受入れ候補機関として登録する
WEBフォーム、FAXでお申し込みいただけます